納屋から家へ(古民家再生)

納屋として使われてきた二階建ての古民家を家へ生まれ変わらせる。素材は最高。古い軸組みをいかに生かせるか?また古材を最大限利用できるか?全て大工の手作り、無垢の木をはじめとする自然素材にとことんこだわった家。

納屋から家へ納屋から家へ

二階をリビングダイニングキッチンとし巨大な小屋組みを全て磨き直しベンガラで化粧しました。床は桧縁甲板張りあえて節があるものとし古民家の素朴さと力強さを表現しました。キッチンはトーヨーキッチン製。

納屋から家へ納屋から家へ

建具は桧でつくり階段横の縦格子はヒバに植物油を塗りました。柱は杉の化粧丸太を大胆に使いました。右の写真の飾り棚の棚板はケヤキの古材を使用しています。照明器具はあえて現代モダンなもので調和させました。

納屋から家へ納屋から家へ

一階をプライベートスペースとし床中央に琉球畳を敷きこみました。腰板は桧の無垢材、壁は漆喰塗りです。建具材はデザインもオリジナル、全て職人の手作りです。框に桧無垢材を使いアクリル障子の明り取りを設けました。

納屋から家へ納屋から家へ

階段は木曽ヒノキを加工して取り付けています。トイレは壁床天井全て桧。桧の香りが防臭剤代わりになります。トイレの照明は太陽光をイメージして作った天窓風光天井です。右の写真は二階床梁を生かした埋込み照明です。

納屋から家へ納屋から家へ

玄関戸と中連の窓は耐候性の高いヒバで作りました。昔の両引きの扉はそのまま生かしヤスリ掛けの上、自然塗料で着色しています。右の写真は浴室の前の洗面脱衣室です。部屋の中央に脱衣棚を作った訳は下に昔の井戸がありそれを踏まないようにするためです。

Before

納屋から家へ

屋根小屋組みを最初に見たときは昔の大工の技術に感心しました。 一階の土間倉庫部分は二階の床を支える梁が倉庫の床らしく力強くその存在を主張していました。間口は二間の全開口両引きの扉。この扉がまたいい細工でした。

Comments are closed.

  • 株式会社 志賀工務店

    〒755-0151
    山口県宇部市大字西岐波313-1
    フリーダイヤル. 0120-808-898
    Tel. 0836-51-0353
    Fax. 0836-51-6688

    アクセス

  • 一級建築士事務所

    一級建築士 志賀憲一

    ・一級建築士 第277977号
    ・一級建築施工管理技士 第96700116号
    ・株式会社 志賀工務店一級建築士事務所 管理建築士
    ・山口県建築士会 会員
    ・山口県地震被災建築物応急危険度判定士(山口県知事交付)第11165号
    ・監理技術者登録(財)建設業技術者センター交付 第00030569854号
    ・設計専攻建築士登録(日本建築士会連合会認定)第135600094号
    ・古民家鑑定士1級(財)職業技能振興会認定 第KK070071号
    ・既存住宅現況検査技術者(一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会)第01-15-02437号

  • 建設業許可

    株式会社志賀工務店
    山口県知事許可
    (般-25)第20250号

  • 建築士事務所登録

    株式会社志賀工務店
    一級建築士事務所
    山口県知事登録 第2763号

Copyright © 2005-2018 SHIGA KOUMUTEN Co., Ltd. All Rights Reserved.
株式会社 志賀工務店 〒755-0151 山口県宇部市大字西岐波313-1 フリーダイヤル. 0120-808-898 Tel. 0836-51-0353 Fax. 0836-51-6688
Top